MENU

Hakkayu Column 07 嫌な匂いはサヨウナラ~ ハッカ油の
消臭マジック!

市販の消臭スプレーを試してみたり、はたまた芳香剤を置いてみたり…。嫌な匂いを感じたとき、いろいろな対処の仕方がありますが、人工的な成分で作られたスプレーや芳香剤は人によっては好みと合わないこともあるはず。なるべく体に優しく、きつくない香りで悪臭を消したい―――。そう思ったら、ハッカ油の出番です。
今回は、消臭に効果抜群のハッカ油の使い方をご紹介します。

外出先で口臭が気になったら…

外で食事をした時、歯磨きができないケースは多いと思います。(しまった! このあと人に会うのに、なんだか口が臭いかも…)なんて場合には、慌てず騒がず、ハッカ油を取り出しましょう。
200mlくらいの水にほんの一滴のハッカ油を垂らすだけで、即席のマウスウォッシュのできあがり。よくかき混ぜてからゆっくり口に含んで、歯と歯の隙間にもいきわたるようにクチュクチュと口の中でマウスウォッシュを転がしてみてください。最後に汚れを含んだマウスウォッシュを洗面所に流して即席の口臭対策は終了。さわやかなハッカの香りが口の匂いをすっかり洗い流してくれます。

外出先で口臭が気になったら…のイメージ写真

このとき注意したいのは、勢いあまってハッカ油を入れ過ぎないこと。量が多過ぎると、刺激が強過ぎて口の中が痛くなってしまうので気をつけてください。なお、水は冷た過ぎるとハッカ油と混ざりにくいので常温の水を使うようにしましょう。

生ごみ、排水溝、匂いの気になる場所に

誰もが避けて通りたくなるような臭い匂いを発生する場所というのがありますよね。特に生ごみ受けや、排水溝などの匂い対策は万全にしておきたいもの。となれば、ハッカ油に登場してもらうしかないでしょう。しかもハッカ油の場合、単なる消臭効果だけではなくカビや雑菌が繁殖するのも防ぐため、その場所を清潔に保つ効果が期待できます。たとえば、キッチンで生ごみが出た際には、すぐその場に1プッシュハッカ油スプレーを噴きかけておくだけで、匂いも雑菌も発生するのを防いでくれます。

ブーツ&靴箱で、ハッカ油の
真価がわかる

ブーツや革靴の中なども、嫌な匂いが発生しがちな要注意の場所。ならば、もうハッカ油で迎え撃つしかありません。コットンにハッカ油を含ませて、もう使わなくなった古い靴下などにつめてしまえば、お手製の防臭用シューピローがすぐにできます。これを、ブーツの中や革靴の中、靴箱の角にコロンと入れておけば万全。
「ただいま」と玄関を開けて帰ってきたら、一日中履いていた靴をねぎらうように、このシューピローを靴の中にすぐに入れてしまいましょう。

ブーツ&靴箱で、ハッカ油の真価がわかるイメージ写真
  • ※原液をそのまま皮ふに使用しないでください。
  • ※素材によっては変質(変色)するおそれがありますので注意してください。
  • ※使用するハッカ油の量は目安です。使用条件に応じて適宜調節してください。
日々の暮らしにお役立ち「ハッカ油コラム」へ